フィットネスの健康効果

なぜ健康のためには運動が必要なのでしょうか?一つは加齢とともに筋力が落ちるからです。年を取るとヒザが痛くなったり、腰が痛くなったりするものです。それは体を支えるさまざまな筋肉が衰え、負担がかかってしまうことが要因の一つです。股関節の筋肉が衰えれば、足が上がらなくなりつまずきやすくなります。腹筋や胸筋が衰えれば、猫背になり腰痛や肩こりがひどくなります。そういった悩みは、高齢ではなくても体を動かさない人には多いもの。そのままだと、筋肉が衰えるとともに、血行が悪くなり、高血圧や肥満、動脈硬化、心筋梗塞などの病気の原因になります。

運動運動をすることで血行がよくなり、脂肪が落ちます。トレーニングをすることで、筋力がつき、肩こりや首こり、ヒザの痛みや腰痛などの予防になるのです

ジョギングなど自分だけで行う運動でももちろん何もしないよりはいいでしょう。しかし、フィットネスクラブでは、適切な運動をきちんと教えてもらうことができます。自分だけで体を動かす習慣をつけるのは難しいものですが、フィットネスクラブに通うと、知り合いもでき、自分が続けていける運動内容を身につけることができます。大事なのは継続することです。自分一人で行うよりも、フィットネスクラブに通った方が、体に負担をかけずに、正しい方法で運動ができ、継続しやすいでしょう。